現世(うつしよ)の向こうから@小説ブログ

Web小説やネトゲの話、副業の話などなど

6月の副業成果。

4月半ばからせどり復活に向けて仕入れを強化したり、動き出した成果が着実に出始めてきました。

利益は後からついてくるものなので、5月の粗利は12,609円と低調でしたがこれは想定内でした。

6月度せどり収支報告!

売り上げ(手数料などを引いた後の入金ベース)

173,040円

6月仕入れ費用

72,742円

発送費

13,376円

梱包資材費用

2,308円

 

粗利

84,614円

ちなみに自宅で一人でやっているので、家賃とかは考慮しないし、人件費もなし。もう少し利益のペースは上がると思うので、仕入れペースを維持したいところです。

ちなみにもっと仕入れのペースは上げられるんですが、他にやりたいこともあるので月の仕入れ量ノルマを決めました。そのノルマさえ達成すれば、残りの日は他のことやります。

今仕入れを頑張ることが3か月後の売り上げに繋がってくる

せどりはもう6年以上やってますが、昔から『今仕入れを頑張ることが3か月後の売り上げに繋がってくる』と考えてます。

ざっくりした考えなんですが、3か月前に仕入れた商品のうち、『すぐ売れる商品』が1か月目に、『割と売れる商品』は2か月目までにあらかた売れちゃうんですね。

 

3か月目に売れる商品っていうのは、『そこまで売れるわけではない商品』なんですが、3か月目には前月仕入れた『割と売れる商品』と、当月仕入れた『すぐ売れる商品』の売り上げが乗っかってくるので、売り上げが安定してくるんですよね・・・。

 

また、もっと前に仕入れた『売れないけど売れればでかい商品』や、『売れないし売れても大したことのない商品』の売り上げなんかもたまに乗っかってくるので、

同じペースで仕入れを続ける

ことが重要になってくるのです。

 

これには、気合と根性という「結局それかよ!」という要素が最重要になってきます。せどりは『継続』が何より重要な肉体労働なのです。